商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.2.28(木)

日本電気制御機器工業会
3月18〜「Medtec Japan 2019」に共同出展

日本電気制御機器工業会(NECA、会長舩木俊之氏)は「次世代事業」の新規事業領域の拡大の取り組みの中、「医療機器分野」に対する組みの具体策として、3月18〜20日、東京ビッグサイトで開催される医療機器の製造・設計に関する大型展示会「Medtec Japan 2019」に共同出展する。

2019 年度は2018 年度に引き続き、医療機器の製造・設計に関する大型展示会「Medtec Japan 2019」にアズビル、NKKスイッチズ、オータックス、国際電業、富士通コンポーネントの会員企業5 社と共同出展する。

今回の出展で、電気制御機器業界の発展の為に会員企業を支援と共に、医療機器分野における事業発展の可能性について検証する。

■NECA 出展会員会社紹介
<アズビル株式会社 >
azbil グループは「人を中心としたオートメーション」のグループ理念のもと計測と制御の技術を活用し、人々の安心・快適・達成感の実現と地球環境への貢献を目指し、工場やプラントでのアドバンスオートメーション事業、建物市場でのビルディングオートメーション事業、ライフラインや健康市場でのライフオートメーション事業を展開します。医療市場では装置単位での流量・圧力・温度・湿度計測と制御を提供します。
出展製品:微小液体流量計、液面・漏液スイッチ、真空吸着確認流量センサ

<NKKスイッチズ株式会社>
NKK スイッチズは、シートキーボードスイッチ他多数のスイッチをデモ機を用いてご紹介いたします。
NKK スイッチズのシートキーボードスイッチのメカキータイプでは、押ボタンスイッチとLED やLCD 表示器を実装したスイッチ基板の開発のほか、スイッチ基板を組込むスイッチボックスの開発まで、幅広くカスタマイズ対応します。
また、医用電気機器の規格 [IEC 60601-1 ed.3.1(JIS T 0601-1:2017)] においてスイッチに求められる要求事項を解説した資料を会場にて配布致します。
出展製品:シートキーボードスイッチ・照光式押ボタンスイッチYB2 等(予定)

<オータックス株式会社>
オータックスは1974 年の創業以来、産業用スイッチの製造販売一筋に成長を続けて参りました。
時代とともに変化するエレクトニクス、医療業界のお客様に、最高の製品とサービスを安定的に提供していく事こそが、私たちの成長出来る道のりです。
スイッチを基本にした技術開発の応用展開として、SPO2 を始めとした医療機器用センサーからシステム電子機器の商品開発に取り組んでいます。
出展製品:パルスオキシメーター、超音波画像診断装置エコープローブ、ハートレートモニター等

<国際電業株式会社>
国際電業は4 月で創業68 期を迎え、フットスイッチを中心としたFA 商品の製造・販売をして参りました。
フットスイッチに於いては、医療機器と工作機械を中心として、より探求した物づくりを展開しております。
従来は有線が常識であった物を国内で初めてBluetooth 方式を採用した無線フットスイッチを世に出しました。
信頼性の高い通信方式は医療機メーカー様からも高く評価を頂いております。
今後もより一層、オンリーワン商品の開発を進めて参ります。
出展製品:無線フットスイッチTRJBシリーズ、SFA、SFJシリーズ

<富士通コンポーネント株式会社>
富士通コンポ―ネントは、前身の会社から通算100 年超にわたり主に通信・産業/民生・車載機器市場に向けて高信頼の電気・電子部品の提供を続けてまいりました。
これらの実績を基に医療・介護用
途として従来の部品に加え、医療分野のIoT 化を見据えたセンサーデバイス、現場のユーザビリティを考慮したタッチパネル、各種技術を複合化した医療用ユニットなどの開発に取り組んでおります。
出展製品:移動体検知センサー、静電容量方式タッチパネル

出展概要
■展示会名 : Medtec Japan 2019
■会 場 : 東京ビッグサイト 東4・5 ホール
■会 期 : 2019 年3 月18 日(月)・19 日(火)・20 日(水) 10:00〜17:00
事前登録・招待状持参の際は無料、当日受付(当日券)は5,000 円
■主 催 : UBM ジャパン株式会社
■公式サイト : http://www.medtecjapan.com/

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。