商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.2.25(月)

東日製作所
22日、天皇陛下御在位30年記念社内行事を開催

実際に陛下にねじを
トルクレンチやトルクドライバで締めていただいた場面を放映
東日製作所(本社・東京都大田区、社長辻修氏)は2月22日、平成の最後の年に天皇陛下の御行幸の記録を再度振り返り、陛下のお言葉等を再確認するため御在位30年記念の社内行事をトルクセンター東京(本社)・大森工場・筑波工場・甲府工場で行った。

2001(平成13)年2月8日に、天皇陛下が同社をご視察になられ、その際制作した「御行幸記録ビデオ」を社員一同が鑑賞した。

御行幸記念ビデオの内容は辻洋社長(現・会長)から陛下に、トルク管理による個人差の無い締付けが社会の安全の為に役立っている等の説明や製品の工程説明、代表的製品、産業界での使用事例をご説明した。また実際に陛下にねじをトルクレンチやトルクドライバで締めていただいた。

御視察のあと、「今後とも社会の安全のために良い製品を作ることを希望します」とのお言葉を賜った。
このお言葉は同社の本社や工場の石碑に刻んである。

御視察から18年経ち「社会のために良い製品を作る」は、当時を知らない若い社員の心に刻まれ、当時を知る社員にとっては改めて想い返す御在位30年記念の社内行事となった。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。