商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.2.22(金)

TOTO
5年連続「健康経営銘柄」選定

取組みの例(ヨガ教室)
取組みの例(ヘルスケア推進ワーキング)
従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を選定する「健康経営銘柄」(主催・経済産業省、東京証券取引所)がこのほど発表され、TOTOが5年連続で選定された。また、とくに優良な健康経営を実践している法人を経済産業省と日本健康会議が共同で認定する「健康経営優良法人 (大規模法人部門)」にも3年連続で選定された

同社は、「一人ひとりの個性を尊重し、いきいきとした職場を実現します。」を企業理念のひとつに掲げ、働きやすい職場環境の実現をグループ全体でめざし、健康管理・メンタルヘルス対策・健康増進(健康づくり)を三本柱とした健康配慮に取り組んでいる。

グループ内全社員の健康診断の結果や休業状況を数値化し、経年の推移を確認・分析したものを活用して具体的な施策に生かした結果、社員の平均年齢は上昇傾向にあるものの、定期健診の有所見率は一定の値をキープしているという。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。