商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.2.20(水)

茨城機工会
設立30周年を迎え盛大に記念式典、祝賀会開催
さらに会員各社の結束を強め、一層の業界発展と我が国製造業の支えに

式典の会長小林一也氏
式典で会長小林一也氏が挨拶
全日本機械工具商連合会の会長坂井俊司氏
茨城機工会は2月15日、茨城県水戸市の水戸京成ホテルで設立30周年記念式典と記念祝賀会を開催、来賓、正会員・賛助会員など約60名が参加し祝い合った。

式典は戸田尚也氏(アサヒ精工社長)の開会の辞に続き、会長小林一也氏(日立企画社長)が、同機工会の設立当時を回顧するとともに「30年の節目で、これからも生き残れ、勝ち残れる正会員であってほしい」と新たな決意を示した。

来賓を代表して全日本機械工具商連合会の会長坂井俊司氏が「さらに会員各社の結束を強め、一層の業界発展と我が国製造業の支えとなるべく、尽力頂く事を期待している」と祝辞を述べた。続いて一條茂東京都機械工具商業協同組合事務局長が昨年の東京都機械工具商業協同組合の大きな2つの新しい取組みについて語った。祝電が披露され、サイモン&ガーファンクル「アメリカ」と荒井由美(松任谷由美)「瞳を閉じて」がバックにながれ、茨城機工会30周年の歩みが映像で紹介された。設立30周年記念事業として戸田氏により茨城機工会青年部のホームページが発表された。このあと、講師の上月良祐参議院議員(前農林水産大臣政務官、元茨城県副知事)による「地域の活性化に向けて〜政と官の関係から考える〜」と題した記念講演会が開催され、参加者記念撮影が行われた。

引き続き記念祝賀会では、小林会長が「震災を乗り越えて、茨城機工会が継続している事を自分の誇りに思っている」とあいさつ、上中修氏(上中工機社長)の「我々も会をもっと盛り上げていきたい」と発声し乾杯。漫才師のすいたんすいこうのよる余興が行われ、畠中満夫氏(スイデン東京支店長)が一本で締めた。
式典で全日本機械工具商連合会の会長坂井俊司氏が挨拶 上月良祐参議院議員
前農林水産大臣政務官、元茨城県副知事
記念講演会 記念祝賀会
記念祝賀会の会長小林一也氏 上中工機の社長上中修氏
上中工機社長上中修氏が乾杯 スイデンの畠中満夫東京支店長

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。