商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.2.5(火)

東京都中小企業団体中央会
東京国際フォーラムで「組合まつり」開催。滋賀バルブ協同組合も出展

滋賀バルブ協同組合の小間
東京都中小企業団体中央会(東京都中央区、会長大村功作氏)は中小企業世界発信プロジェクト2020の一環として、全国の中小企業組合が集結した「組合まつり in TOKYO―中小企業の魅力発信!―」を1月30〜31日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催した。

中小企業世界発信プロジェクトの一環として、東京はもとより全国の中小企業組合を集め、新たなビジネスチャンスの創出やビジネスマッチングの場の提供、組合の知名度アップや組合産品の展示・販売を通じた販路の拡大、地域の魅力発信の場となった。

昨年度は88組合が出展、今年は規模を拡大、約120組合が出展。人と車の未来を支えるモビリティー、世界が注目する日本のものづくり、伝統工芸品、食品、全国物産など9つのカテゴリーで開催された。

日本バルブ工業会関連団体の滋賀バルブ協同組合も出展。全国で唯一のバルブ産業の集積地「彦根バルブ」と「バルブ産業」を広くPR。同協同組合は17年12月1日に設立30周年を迎えた。
HPにてユーチューブ(https://youtu.be/zFZzyrrGGug)で「彦根バルブ」を紹介。「彦根バルブの歩み」その2を刊行している。彦根工場・彦根営業所・彦根配送センターを有する大和バルブの一押し製品のカタログや「ばるちゃん」も展示された。

大和バルブ ダイレクト仕切弁はこちら
大和バルブ 開度保持機構付き青銅400型ねじ込み形フルボアボールバルブはこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。