商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.2.4(月)

LIXIL
洗面化粧台「ピアラ」リニューアル。3月1日に発売

新Piara(ピアラ)
LIXILは、洗面化粧台「Piara(ピアラ)」をリニューアルし、3月1日に発売する。女性の声を反映し使いやすさを高めたほか、リフォーム工事の現場で役に立つキットを新たに用意した。価格は14万4500円〜(税別・施工費別)。

使いやすさとデザインを両立するピアラは05年に発売以降、累計100万台を販売している。

新「ピアラ」は、吐水口を左右180度回転できる「くるくる水栓」を搭載。朝の忙しい時間帯に2人並んでの身支度が可能になった。また、洗面ボウルが大容量になり、バケツの出し入れなどの家事行為がスムーズに行える。同洗面ボウルは本体背面と一体成形となっており、手入れも簡単だ。

さらに、置き場に困りがちなドライヤーなどの収納に便利な「扉裏ポケット」、鏡の裏に歯ブラシや化粧小物を立て掛けて仕舞える「仕切りトレイ」などを追加し、収納力が向上。洗面化粧台横のデッドスペースも収納スペースとして活用できる工夫を取り入れた。

ラインアップには、壁付水栓で業界初となる間口500mmサイズを追加。賃貸アパートや戸建て住宅の2階など、狭小スペースでも取り付けやすい。同600mm、同750mm、同900mmと合せてサイズバリエーションは4種となった。

また、床下の配管工事を不要にする「排水リフォームキット」や壁工事をせずにミラーキャビネットを取り付けられる「壁補強リフォームキット」など、既設の洗面化粧台からの取り替えをスムーズに行えるキットを多数用意している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。