商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.1.28(月)

人手不足倒産(帝国データバンク)
前年比44・3%増。建設業の増加顕著

慢性的な人手不足が社会問題となっている。帝国データバンクでは、従業員の離職や採用難等により収益が悪化したことなどを要因とする倒産(個人事業主含む、負債1000万円以上、法的整理)を「人手不足倒産」と定義し、2013年から調査を開始。2018年(1〜12月)は3年連続の増加で153件あり、前年比44.3%の大幅増となったことが分かった。

負債規模別件数では、「1億円未満」(91件、前年比 85・7%増)の小規模倒産が過半を占めた。また、業種別では「建設業」が前年比 58.6%増で、最多の46件だった。

2018年企業倒産の全体件数は8063件で前年同期を3・7%下回るなか、「人手不足倒産」は2016年以降3年連続で2 ケタの増勢が続いており、6年間の累計で500件に達したという。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。