商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.1.24(木)

ノーリツ
給湯器リモコン、3月1日からスマートスピーカー対応に

新発売するユコアHYBRID用リモコン
対応するAmazonEchoシリーズ
ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、IoT給湯器リモコンを3月1日からスマートスピーカーに対応させる。これにより、浴槽への湯はり・追いだき・床暖房・浴槽の自動洗浄といった操作が音声で可能になり、共働き世帯の家事負担を軽減する。

18年9月発売の「RC-G001EW」を既設の場合は、3月1日以降に提供されるアプリのアップデート(無料)で新機能が追加される。同リモコンは、高効率ガスふろ給湯器「GT-C62シリーズ」および高効率ガス温水暖房付ふろ給湯器「GTH-Cシリーズ」用で、入浴時の安心をサポートする「見まもり」機能を業界で初めて搭載。リビングから入浴者の「見まもり」を行うほか、スマートフォン等で外出先から湯はりや温水暖房などの遠隔操作を可能にした商品。今回のアップデートで、スマートスピーカーを介し音声でこれらの操作が可能になる。

対応する端末は、米アマゾンの「Amazon Echoシリーズ」をはじめとするAlexa搭載デバイス。「アレクサ、ノーリツでおふろを洗って」などと話しかけるだけで指示された運転が行われる。

また、ハイブリッド給湯・暖房システム「ユコアHYBRID」用として、同リモコンと同じ機能を持つ「RC-G057PEW」を同日発売する。希望小売価格5万4800円(税・工事費別)。

とくに浴槽の自動洗浄は同社システムバスに標準搭載する独自の機能で、音声操作にも対応することで差別化を図る。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。