商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.1.17(木)

日本精密機械工業会
15日、新年賀詞交歓会開催。工業会の会員増強図りたい

会長松喜与志氏
会長松喜与志氏が挨拶
日本精密機械工業会(会長松喜与志氏)は新年賀詞交歓会を15日、東京・新橋の第一ホテル東京で開催した。

松会長は「昨年の当業界は非常に好調な需要増となった。JIMTOF2018で『ものづくりコンテスト』を実施。会員企業からの出展が多いので、今後ユーザーからの出展が多くなるようにしていきたい。PRビデオを作り事務局ブース前で公開、ジャパンメイドの認証制度も設立。日工販・輸入協会の3団体で交流会活動をした。今年は貢献者賞を発足させ、会員企業の中でさまざまな貢献をしてきた社員を表彰するもので、第1回表彰をこの席で行う。長瀬前々会長、稲葉前会長が築いてきた実績をふまえ、さらに当工業会の認知度を高められるよう努力していく。『会員相互の親睦』を掲げ、工業会の会員増強していきたい」と述べた。

来賓代表の経済産業省の玉井優子産業機械課長が挨拶。

続いて第1回貢献者表彰が行われ、布川常夫(長谷川機械製作所)、伊藤丈一(ミカドテクノ)、寺井信之(東振テクニカル)、原口光司(曙機械工業)、宮下喜幸(アルプスツール)、松田秀隆(日進製作所)、鳥飼信彰(牧野フライス精機)の7名に賞状と記念品が贈られた。

冨田薫日本工作機械販売協会会長の発声で乾杯した。
経済産業省製造産業局の玉井優子産業機械課長 松会長と貢献者賞の7名
貢献者賞7名が表彰された 松会長はじめ役員の方々がお出迎え
日本工作機械販売協会の会長冨田薫氏 日本工作機械販売協会の会長冨田薫氏が乾杯

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。