商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2019.1.9(水)

ノーリツ
米ボイラーメーカーを買収

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は1月8日、米国のガス・石油ボイラーメーカーPB Heat, LLC(以下「PBH」)を買収したと発表した。同日付で発行済み全株式を取得。取得総額は4700万米ドル(約52億円)。

同社は中期経営計画「Vプラン20」の最終年度である20年に海外事業の売上高700億円(16年比125億円増)に引き上げることを計画。中国・北米・豪州を重点エリアに、主力のタンクレスガス給湯器と、新規商材に位置づける暖房給湯器、業務用給湯器の拡販に取り組んでおり、今回の買収を決定した。

PBHは、北米の家庭用・業務用ガス・石油ボイラー市場で高いブランド力を有するメーカーの一つ。設立は03年。米ペンシルベニア州に本社、工場、研究施設を構え、北米市場最大の北東部を中心に、全土でガス・石油を燃料とする業務用ボイラー、コンビ(暖房)ボイラー、家庭用ボイラーの販売を展開している。17年12月期の業績は、売上高3400万米ドル/営業利益400万米ドル/当期純利益100万米ドル。

北米市場では、環境・省エネニーズの高まりにより、給湯市場、ガス・石油ボイラー市場ともにコンデンシングタイプの普及が年々加速。同社はこの変化を成長機会と捉え、自社が得意とするタンクレス給湯器活用による給湯市場での成長とともに、連結子会社としたPBHの強みであるガス・石油ボイラー市場での成長により、一段の業績向上と企業価値の向上を図る。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。