商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2019.1.7(月)

ノーリツ
「レシピア」4年ぶりフルモデルチェンジ。トクラスと初共同開発

ノーリツ(社長國井総一郎氏)は、需要が拡大するリフォーム市場に向けて、普及価格帯のシステムキッチン「recipia(レシピア)」を4年ぶりにフルモデルチェンジし、4月22日に発売する。トクラスとの業務提携後の初共同開発製品。

新製品は、ノーリツが得意とする台所の空間に合わせてキッチンの間口を10mm刻みで調整できる「ジャスト対応」や、奥行き450mmのカウンターをL型に配置して配膳スペースや収納を増やせる拡張プラン「つかエール」などを継承。人造大理石のカウンターには、質感と耐久性の高いトクラス製を搭載した。

リビングダイニングに調和する薄型カウンターも継承。扉は新色25色を追加し、抽象柄や木目柄など3グレード・計25色から選択可能になった。

また、コンロを壁ぴったりに設置して調理スペースを広くできる「コンロぴったりプラン」を新たにラインアップし、流し台からシステムキッチンへの交換などの小間口リフォームの提案力を向上させた。

希望小売価格は、T型・間口2550mm・開き扉プランで税抜60万1000円〜(予定)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。