商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.12.19(水)

半導体製造装置材料協会
半導体市場予測、18年は過去最高更新。19年は縮小、20年は再び記録更新へ

米国の半導体製造装置材料協会「SEMI」が12月11日に発表した半導体製造装置市場予測によると、18年の販売額(新品)は、前年比9.7%増の621億ドルに達し、17年に続き過去最高を更新する見通し。19年は4.0%縮小するが、20年には20・7%の成長で719億ドルに達し、再び過去最高額を更新すると予想している。

18年は、韓国が引き続き最大市場で、これに続いて成長率55・7%の中国が初めて第2位となり、台湾は第3位に下る見込み。日本の成長率(予想)は32・5%、東南アジアを主とするその他地域が23・7%、欧州が14・2%。
19年もトップ3は変わらず、「プラス成長を遂げるのは、日本、台湾、北米だけとなる見込み」という。また、「20年になるとすべての地域で成長が予測される」とし、なかでも、韓国が最も大きな成長率を示し、中国とその他地域がこれに続くとみている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。