商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.12.18(火)

東京大学・ダイキン工業
「産学協創協定」締結

東京大学とダイキン工業は、両組織の包括的な共同研究・人材交流や東京大学関連ベンチャー企業との協業を高度なレベルで推進する「産学協創協定」を締結する。

未来技術の創出に向けた共同研究などを通じて、未来社会において重要性が高まる「空気の価値化」を軸にイノベーションを生み出し、複雑な社会課題を解決し、新たなビジネスを創出していく。

東京大学は、国際連合が採択したSDGsの17の目標達成に向けて、誰もが活躍できるインクルーシブな社会づくりをめざす未来社会協創を実現しようとしている。学内の「知」を集積し、学内外との連携を深め、生み出された技術の社会実装を通じて、グローバルに課題解決をリードしていく。その中で、地球的課題とされる「環境」「エネルギー」「健康的な生活」と密接につながる「空気」をテーマとして、グローバル展開を視野に協業できるパートナーを探索していた。

ダイキン工業は、グローバルに事業展開する空調メーカーとして、空調ビジネスの未来を見据えた新技術やサービス・ソリューションを開発、新たなビジネスモデルの構築を急ぎ、オープンイノベーションを掲げ、積極的な産学連携を行ってきた。

今回の協定は、東京大学の高い問題意識にダイキン工業が応え、両組織のトップ同士が深く共感し、実現したもの。東京大学は、卓越した知見・技術を持つ教授陣をはじめ、起業家精神を持つ研究者や学生、関連する豊富なベンチャー企業群を有す。ダイキン工業はグローバルに展開する空調ビジネスとそれを支える研究開発陣と技術・ノウハウなどのリソースを持っている。両組織がこれらの強みを持ち寄り、「空気の価値化」を軸にイノベーションを創出する。

協定の成果を日本国内のみならず、アジア、グローバルへと広げることをめざし、世界中に広がるダイキン工業の海外拠点も活用していく。足掛かりとして、中国で既に着手しているダイキン工業と清華大学の包括連携に東京大学も参画、これから着手する東京大学と北京大学の連携プログラムにダイキン工業も参画していく。

本協定の趣旨に基づき、「未来ビジョンの協創」「未来技術の創出」「ベンチャー企業との協業を通じた新たな価値の社会実装」の三つの協創プログラムを実施。従来の産学連携から大きく踏み込み、人材に関わるさまざまな仕組み・制度を設け、両組織の人材が自由に交流し、刺激を与え合い、新たな知や技術、ビジネスが生まれやすい環境を作る。

本協定の期間は、18年12月から10年間で、拠出資金は100億円規模を予定している。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。