商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.12.7(金)

ユアサやまずみ会・炭協会
11月21日、合同研修会開催

ユアサ商事の辻原弘泰東部住環境本部関東流体設備部長
五十嵐人材育成ラボの代表五十嵐信博氏
ユアサやまずみ会・炭協会、合同研修会
ユアサ商事の取引先で構成するユアサやまずみ会(会長落合智貴氏)とユアサ炭協会(会長坂根哲夫氏)は11月21日、合同で第2回の研修会を同社本社会議室で実施した。

第1回は若手社員、第2回は中堅社員、第3回はマネジャー(部長クラス)を対象に年3回開催され、今回の第2回は中堅社員60名が参加した。

研修会の冒頭、ユアサ商事の辻原弘泰東部住環境本部関東流体設備部長が「今日も長丁場の研修になるが、中堅社員の皆様にはしっかりと勉強して頂き、今後の仕事に役立ててもらいたい」と挨拶した。

研修では、五十嵐人材育成ラボの代表五十嵐信博氏が講義した。同氏は『部下の力をしっかり引き出すOKマネージャー』〜エゴグラムによる自己分析と部下育成への関わり方を紹介。
@職場と私、どうなればよいのか(上に立つ者に期待されること、将来イメージを描いてみる)現状と課題・・・職場の私は、今どうなのか(人間関係を見通す視座。枠組み、5つの顔・・・関わりと影響、枠組み
AOKマトリクス・・・関係作りの姿勢)
B前進・・・私はどうしていけばいいのか
C気づいて築くについて等を学び、職場と自分が置かれている現在の状況下で人間関係に焦点を合わせ、「今」を見通す見方・考え方を得る。自分と相手、ともに活かしあう手がかりを得る。それらを通して、リーダーとして一皮むける事を目指した。

研修終了後、場所を移して懇親会が開催され、やまずみ会・炭協会の若手社員同士が活発に交流した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。