商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.12.6(木)

金型協会
11月30日、決算書から読み解く経営改善セミナー開催

金型協会(代表理事永田淳也氏=寿精工社長)は11月30日、第7回意見交換会として、「決算書から読み解く経営改善のポイント」をテーマに石橋研一・石橋経営会計事務所所長によるセミナーを開催した。

同氏は「決算書2期分を見て、社長と30分話せば、その会社のヒト・モノ・カネがほぼすべて把握できる」という銀行出身の財務コンサルタント。「13年前に独立したので、経営者の立場も理解している」とし、粗利率向上のポイントとして、「会社の付加価値を決めるのは顧客」「売上げ目標より粗利目標」「利益率より利益額」「営業キャッシュフロー(CF)で投資CFと財務CFを賄うのが理想」「なるべく早く資金化し、なるべく遅く支払う」「不採算部門は『これまで』ではなく『今後』で改善策を判断」などとアドバイスした。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。