商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.11.29(木)

セブンーイレブン・ジャパン
専用工場一体型『野菜工場』開設。「安全・安心」な野菜を安定供給

相模原ベジタブルプラント
セブンーイレブン・ジャパン(本社・東京都千代田区、社長古屋一樹氏)とプライムデリカ(本社・神奈川県相模原市、社長齊藤正義氏)は、セブンーイレブン向け商品の専用『野菜工場』を 来年 1 月より稼働する。

セブンーイレブンは健康ニーズが高まる中、野菜使用商品の取り扱いを拡大。プライムデリカは高品質野菜を安定的に生産のために、専用工場一体型として「初」となる完全制御型野菜工場「SagamiharaVegetable Plant(相模原ベジタブルプラント)」を開設した。

同工場は、玉川大学と共同開発技術のLED光制御技術を活用した高付加価値野菜の生産を本格的実施とともに、安川電機による自動化技術を種まきから収穫までの全工程で取り入れる事で生産体制の効率化も図る。
LED光制御技術(玉川大学との共同開発の技術) 移植・定植搬送
自動化技術により種まきまでを実施 播種(はしゅ)
<新工場の概要>
・運営企業 : プライムデリカ株式会社
・工場名称 : 「Sagamihara Vegetable Plant(相模原ベジタブルプラント)」
・所 在 地  : 神奈川県相模原市南区当麻2575‐1
・延床面積 : 7,872u
・竣工年月 : 2018年8月
・工場稼働 : 稼働開始・・2019年1月 フル稼働・・2020年春頃(予定) 
・生産野菜 : リーフレタス(3品種)
・生産能力 : 1日あたり約3t(フル稼働時を想定)
・販売場所 : 神奈川県内の一部店舗から商品を販売(順次拡大)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。