商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.10.23(火)

LIXIL
ケニア企業に技術を譲渡。世界の衛生環境改善めざす

LIXILはこのほど、同社が約10年かけて開発した持続可能な衛生ソリューション「グリーントイレシステム」の技術を、ケニアの民間企業であるエース・エンバイロメンタル・コンサルタンシー社(以下、ACE社)に譲渡すると発表した。19年3月をめどに、LIXILが有する同システムの設計図、技術および販売権利など、すべての権利の譲渡を完了させる予定。

同システムは、水を使わずに安全に排泄物を処理し、肥料として再資源化することができる持続可能なトイレシステム。既に18年に国連ハビタットを通じてケニアのカロベイエイ難民居住地が導入。人口密集と長期滞在が課題となっている難民居住地において、再資源化された肥料を作物栽培に利用することで、同地の難民の経済的自立支援につながることが期待されている。ただ、資材の現地調達や安定的な生産体制の確立におけるコスト面が課題で、同システムのさらなる普及のため、現地でノウハウやインフラを持つ譲渡先を探していた。

ACE社は、東アフリカ地域で農業排水の浄化やグリーンエネルギーの創出などの実績を有する。両社は過去2年間、同システムのケニアにおける実証実験で協働しており、「ACE社が最適な技術譲渡先であると判断」とし、今回の契約に至った。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。