商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.10.20(土)

ノーリツ
コウケンテツさんが「ピアット」で時短レシピ。東京ショールームで体験・試食会開催

コウケンテツさん(中央)と参加者
マレーシアの家庭料理「ナシレマ」を調理
ノーリツは10 月 15、新宿の同社ショールームで、「コウケンテツさんによる"エンタマルチタスク調理"」と題し、マルチグリルを搭載するガスコンロ「ピアット」を用いた初の実演・試食会を実施した。

マルチグリルは、業界唯一の「温度センサー付き下火バーナー」で、メニューに応じた火加減を自動で調整できる。自動調理でひっくり返さなくてもよく、煮崩れもしにくい、炒める手間もないので、手間が省けるだけではなく、だれでも簡単に失敗なく仕上げることができる。

レシピは、「時短」「同時調理」を提唱する料理研究家のコウケンテツさんが考案。共働きが8割という「共働き先進国」のマレーシアの国民食と言われる「ナシレマ」を紹介した。

コウさんは「手間を省くことと美味しさを両立してくれる点がいい」「オートメニューが充実していて、使っていてすごく便利」とマルチグリルを評価。「ご飯を炊きながら、おかずやスープを同時に作ることができ、日常の夕食で活用している」という。また、「マルチグリルのキャセロールはフラットなので、お米が立ちやすく、おいしく仕上がることもうれしい」などと自身の経験を踏まえ語っていた。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。