商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.10.19(金)

オプテックス・エフエー
画像処理用同軸照明。35mm・50mmも解像力向上

オプテックス・エフエー(京都市下京区)はこのほど、画像処理用センシング同軸照明「OPXシリーズ」の35および50mmサイズをリニューアル。今年3月発売の27mmサイズ同様、業界最薄0.2mmのハーフミラーを採用し、解像力を向上させた。

同シリーズは、狭指向角(半値角±17度)発光の面光源を搭載することで、高輝度・高均一な照射を特長とする同軸照明。薄型ハーフミラーの採用で、同軸照明の課題であったゴースト像の発生を軽減し、解像力向上を実現。高精細な撮像が要求される寸法計測や外観検査などの用途に対応する。

また、独自のセンシング機能「FALUX sensing」を搭載することで明るさを自動管理でき、最大輝度を5万時間にわたり一定に保つことができるという。

標準価格は現行品から据え置き、35mmサイズの白色・青色が税別8万2000円、赤色は同7万円、50mmサイズの白色・青色が同10万8000円、赤色は同9万円。なお、両サイズとも白・青色は10月22日発売、赤色は11月上旬発売。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。