商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.10.17(水)

奥山管材機器
13日、山水会観劇会開催、盛況

万全の体制で受付
奥山管材機器(社長森沢一郎氏)の取引先で構成する山水会(会長渡辺才司氏)は10月13日、第50回山水会観劇会を東京・有楽町のシアタークリエで開催、会員・賛助会員など約180名が観劇した。

今回の演劇「おもろい女」(作・小野田勇氏、潤色、演出・小野田正氏)は昭和初期の喜劇女優ミス・ワカナの半生を描いたドラマ。

ミス・ワカナは各地の方言を自在に駆使する「しゃべり漫才」やラジオの生放送でのアドリブから生まれた奇跡の「泣かせ漫才」で大評判となった。15歳で玉松一郎と出会い、結婚、離別、戦争を経て、漫才の頂点を極めるまでが描かれ、たくましく堂々と時代を生きた女性の姿にエールを送った。
多数来場し受付はごった返した ぞくぞくと会場へ
廣瀬会長と森沢社長がお出迎え 山水会渡辺才司会長(中)を囲んで

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。