商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.10.16(火)

フルードパワー工業会
西日本支部が総会。新支部長に田岡良夫氏

田岡新支部長
石川会長
総会
日本フルードパワー工業会西日本支部(支部長宮内寿一氏)は10月11日、平成30年度の総会を都ホテルニューアルカイック(兵庫県尼崎市)で開催。新支部長に住友精密工業の田岡良夫社長が就任した。任期は2年。事務長も同時交代で、同社の八木正一油機事業室長が就いた。

総会には支部会員や本部会員、来賓ら約50名が出席。本部および西日本支部の活動が報告された。

宮内支部長は退任にあたり、見学会企画の思い出などこの2年間を振り返りながら会員各社の協力へ感謝の言葉を述べた。さらに、西日本支部が先導した技能検定の事業が今年から本部でもスタートしたことから、「今後は本部と協力して進めてもらえればありがたい」と思いを託した。

また、石川孝・同会会長は米中貿易戦争の影響を懸念し、「全体として足元は堅調だが、これから起こるであろう変化に対し粛々と準備が必要」などと述べた。

田岡新支部長はまず、関西地方で今年多発した自然災害に触れ、お見舞いの言葉を述べるとともに、「来月開催されるJIMTOFは1000社超の出展で過去最大規模といい、盛り上がりが期待できる。また、自動運転や空飛ぶ車などが新聞紙上を賑わしているが、一昔前ならSFの世界がもうまもなく実現しそうな気配だ。そういった分野でも油空圧の技術が活用される時代がくるだろう」と就任のあいさつを述べた。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。