商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.9.29(土)

日本スピードショア
鏡面加工装置「エアロラップ」ショールームを新設

日本スピードショア(大阪府四条畷市田原台、社長常岡忠男氏)は、鏡面加工装置「エアロラップ」を発売以来、順調に販売実績を伸ばしている。南関東・東海地区のユーザーへの拡販を進めるため、本年3月より神奈川県横浜市港北区にショールームを新設した。

「エアロラップ」は、ヤマシタワークス(兵庫県尼崎市西長洲町、社長山下健治氏)が製造、日本スピードショアが販売代理店となって拡販している。職人技とされている鏡面仕上げ、特に異形状ワークを誰でも簡単に、寸法・形状変化を抑えて短時間での加工が可能。

特徴は
@金型、金型部品(特に冷間鍛造用)や樹脂・石英ガラスなど=加工工程短縮
A切削工具=切削性能向上、再研磨費用低減
Bコーティング(PVD)=コーティング密着度・性能向上など調達費用の削減や高付加価値化を実現。

水分を含有した湿式研磨材(特許取得済み)により、粉塵が発生しにくくゴミ発生を抑制。研磨材は、リフレッシュ(再生)可能で、環境への配慮がなされている。

同製品は、第2回(2007年)、ものづくり日本大賞・優秀賞、第33回(2008年)発明大賞・本賞受賞を受賞。ヤマシタワークスの山下社長は、研磨材の研究開発で、2016年5月に黄綬褒章を受章している。

問い合わせ先は、
日本スピードショア株式会社
産機営業部・本部(TEL:06-6485-4007)
URL:http://speedshore.co.jp

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。