商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.9.20(木)

日立産機システム
新型配電用変圧器を10月1日に発売

日立産機システム(東京都千代田区神田練塀町3、社長荒谷豊氏)は、省エネ性能を向上し、小容量機種のラインアップを拡充した新型配電用変圧器「SuperアモルファスZero Sシリーズ」を10月1日に発売する。

新シリーズは、同社従来機比で省エネ性能が最大13%向上。トップランナー基準では最大で166%を達成する業界最高レベルの省エネ性能を実現した。

また、小容量機種のラインアップを追加した。一般的に、変圧器は省エネ性能を向上すると大型化するが、鉄心やコイルなどの設計を最適化することで、従来品と同一の外形および据付寸法を実現した。

省エネ性能の向上と小型化を両立したことにより、設置場所の制約がある場合やリニューアル時の省エネ対応を容易にする。

問い合わせは
同社受配電・環境システム事業部企画部
(TEL:03‐4345‐6535)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。