商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.9.11(火)

タンガロイ
倣い加工用カッタ拡充。9月19日に発売

タンガロイ(福島県いわき市好間工業団地11の1、社長木下聡氏)は、倣い加工用カッタ「DoTwistBall(ドゥー・ツイスト・ボール)」を拡充、9月19日に発売する。

新製品は、ラジアスと高送りの2種類のインサートを取り付けることができる新発想の倣い加工用カッタ。インサートとボディの接触面をねじれ形状とすることで、クランプ剛性を大幅に向上させることに成功した(ツイストクランプシステム)。発売中の04サイズが好評のため、大型の05、06サイズ拡充した。

ラジアス形状のMJインサートは、金型などの形状加工等において好評。従来の丸駒インサートと比較して、切れ刃の断面積が大きく、信頼性を大幅に向上させている。高送り刃形のHJインサートは、最大切込みを従来比で30%アップ、高切込み、高送りによる高能率加工を実現する。最大切込みは、04サイズで1・3mm、06サイズで2mm。

標準価格(税別)は、カッタボディが4万8300円、7万2500円、インサートが1660円、1910円。初年度1億5000万円の販売を見込んでいる。

問合わせは、同社マーケティング本部広告宣伝担当(TEL:0246‐36‐8561)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。