商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.8.24(金)

日本能率協会/ドイツメッセ日本代表部
工作機械国際専門展示会『EMO Hannover 2019』出展申込受付開始

2年に1回ハノーバーとミラノにて開催の工作機械国際展示会「EMO(エモ)」は、2017年に続き、次回もドイツ・ハノーバーにて開催する。

日本能率協会/ドイツメッセ日本代表部は、8月1日より出展申込受付を開始した。

近年、工作機械業界においても進むデジタル化を背景に、次回は企画展示「”Industrie 4.0 / Internet of Things ? Area”、インダストリー4.0/IoTエリア(仮称)」の設置も予定。現在、ドイツメッセ日本代表部では出展企業を募集、出展料金は8,480ユーロ〜。10月15日までに申し込みの場合、8,080ユーロ〜(早期割引特典)。最終は、12月1日(出展申込締切)。

出展に関する問い合せは、ドイツメッセ日本代表部
TEL:03-3434-6447まで。

【開催概要】
名称:「EMO Hannover 2019」(エモ・ハノーバー)
会期:2019年9月16日(月)〜21日(土)
会場:ドイツ・ハノーバー国際見本市会場
出展企業数:2,226社(2017年実績)
日本企業数:91社(海外現地法人含む、2017年実績)
来場者数 :128,966人(2017年実績)
≪出展料金≫
10月15日(月)まで:8,080ユーロ〜
10月16日(火)以降:8,480ユーロ〜
(最低出展平米数20u、1面開放、装飾なし)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。