商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.8.6(月)

東京都機械工具商業協同組合
3日、第49回東機工永年勤続優良従業員表彰・サマーフェスタ開催

山田雅英副理事長
山田雅英副理事長が挨拶
東京都産業労働局商工部の川ア秀和経営支援課長
小池理事長から記念品授与が行われた
東京都機械工具商業協同組合(理事長小池達夫氏)は3日、東京・目黒区の目黒雅叙園で毎夏恒例のサマーフェスタ(納涼会)を開催した。

これに先立ち第49回東機工永年勤続優良従業員表彰を行い、勤続40年6名、同30年8名、同25年8名、同20年14名、同15年16名、同10年46名の計98名のうち出席43名を表彰した。

山田雅英副理事長は、表彰制度の創設から今回までを振り返るとともに、延べ7700人が表彰されたことを報告、「これまで培った経験を次世代担う方々に継承するとともに自らにも更に磨きをかけて頂きたい」と賛辞を送った。
東京都産業労働局商工部の川ア秀和経営支援課長が「受賞者の皆さんは今後企業において中核となってご活躍されるとともに後進の育成も担っていくと思われる。これまでの経験・知識を後輩の皆さんに伝えていく事を期待している。東京都としても、皆さんの取組みを後押しできるよう、人材に関する支援を含め、様々な施策を展開しているので、ご活用頂きたい。
オリンピック開催・成功とその先のみらいを見据え、中小企業を支援する取組みを一層充実させていきたい」と来賓祝辞。小池理事長から記念品授与が行われた。
受賞者を代表してヤマモリの中島清一氏(勤続40年)が40年前の入社した時から現在までを振り返った後、「今後ともより一層気持ちを引き締めて仕事に向き合い、未来を担うたくさんのすばらしい後輩達に自分の経験を伝えていきたい」と謝辞を述べ、関谷隆雄副理事長の恒例の受賞者が入社された年のニュースを振り返った閉会の言葉で式典を終えた。

サマーフェスタは、ヤマモリの中島清一氏・関谷機工の石月昭氏(勤続40年優良従業員)2名に花束が贈呈され、開幕。小池理事長が猛暑と西日本豪雨で被災された方々にお見舞いと永年勤続優良従業員表彰について述べた後、「現在の課題は組合員減少と組合活動の活性化。今日ご参加の皆さんはプライドをもって、元気で明るく活動を前進させていただきたい。『ときメイト』をスタートする。ご協力をお願いしたい」と組合について語った。

続いて宮川栄一副理事長による副理事長紹介。全機工連会長坂井俊司氏が「全機工連の活動方針の重点課題は『働き方改革』皆さんと一緒に勉強しながら、働きやすい環境、魅力の業界、皆さんが幸せに仕事ができるよう一緒に努力していきたい」と挨拶。東京都中小企業団体中央会の鴨志田弘行業務課長が永年勤続優良従業員表彰を受賞された方々に祝辞を述べ、「気温があがっている。中小企業の盛り上がりをどんどんあげていきたい」と発声、乾杯。東機工の一條茂事務局長と東機工役員による想い出の渚(ザ・ワイルドワンズ)で生バンド演奏がはじまり、東機工事務局の八鍬範子さんも加わってスイートメモリーズ(松田聖子)、最後に風(はしだのりひことシューベルツ)を演奏。豪華賞品が当たった抽選会などを楽しみ、ビールを飲みながら真夏の夜のひと時を満喫、最後に河野弘一副理事長の三本締めで閉会した。
受賞者を代表したヤマモリの中島清一氏 受賞者を代表してヤマモリの中島清一氏が謝辞を述べた
関谷隆雄副理事長 関谷隆雄副理事長 閉会の言葉
サマーフェスタの理事長小池達夫氏 サマーフェスタで理事長小池達夫氏が挨拶
宮川栄一副理事長 サマーフェスタの全機工連会長坂井俊司氏
サマーフェスタで全機工連会長坂井俊司氏が挨拶 東京都中小企業団体中央会の鴨志田弘行業務課長
東京都中小企業団体中央会の鴨志田弘行業務課長が乾杯 新海哲也副理事長がバンド演奏についてふれた
東機工役員による生バンド演奏
想い出の渚(ザ・ワイルドワンズ)
東機工事務局の八鍬範子さんも加わって
スイートメモリーズ(松田聖子)
お楽しみ抽選会 豪華賞品が当たった抽選会
河野弘一副理事長 河野弘一副理事長が三本で締めた

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。