商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.8.4(土)

パロマ
消し忘れ防止時間を30分に短縮可能。コンロ計9機種新発売

パロマは、消し忘れを防止する「コンロ 30分消火あんしんモード」ボタンを搭載したビルトインコンロおよびテーブルコンロ計10機種を発売した(うち7機種は9月3日発売)。消し忘れ消火時間を、工場出荷時の120分から30分に一括して短縮できる。

新製品は、「消し忘れ消火時間を簡単に短く設定できないか」といった要望に応えたもの。ボタンを押すだけで設定でき、モード実行中にはボタンのランプが点灯するため、同モードのON/OFF状態が一目で分かる。また、一度設定すると、その状態を機器が記憶するため、コンロを利用するたびにボタンを押す必要はない。

同機能を搭載するシリーズ名と価格(税抜)は次の通り。
▽CAFERI(4機種)=3万7800円〜4万1800円
▽S-series(4機種)=13万8000円〜15万円
▽S-series+(2機種)=14万5000円・15万円。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。