商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.7.31(火)

パナソニック
インドで住宅部材事業を本格展開

パナソニックは、10月からインド市場でシステムキッチンなどを販売開始し、住宅部材事業を本格的展開を図る。また、インド大手ディベロッパーのブリゲイド社と協力し、同国バンガロールに10月、モデルハウスを開設する。住宅部材の順次発売により、25年度の事業売上高100億円をめざす。

インドでは、所得水準の向上や都市部への人口流入により、年間住宅着工数は約800万戸に拡大、都市部を中心に需要の増加が続くと見込まれている。

まず、水まわり住宅部材最上位製品のシステムキッチン「L-クラス」を発売するほか、内装ドア、トイレなどの製品についても市場のニーズに応じて、順次、投入を計画している。

また、オープンするモデルハウスは地上3階建てで、展示スペースは約550平方メートル。建築家、インテリアデザイナー、ディベロッパーなどを対象に、キッチン、バス、トイレ、インテリアドア、住宅用LED照明、換気扇、シーリングファン、空気清浄機、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などを展示し、フロアごとに「アクティブな暮らし」「リラックスした暮らし」「未来の暮らし」を提案する。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。