商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.7.17(火)

日本金型工業会
小出悟 新会長「発言力のためには組織の力」

小出新会長
この6月に日本金型工業会の会長に就任した小出悟氏(小出製作所社長=静岡県磐田市)。7月4日、講師として招かれた西部支部の勉強会の最後で同工業会の意味について触れ、「国への発言力を持つためにも、組織的な力を持った工業会にしないといけない」と思いを語った。

海外展開にも経験豊富な同社。その上で「日本の社会インフラほど金型づくりに適している国はない」と同氏は強調する。ただこれには「どの国に対しても工業製品の関税がゼロになれば」という条件が付く。

金型工業会会長という立場になり、いざ将来にわたって業界全体を安定した世界に導こうとするとき、国に対してこういった要求も必要になってくる。「なんとかしてください、助けてくださいといったお願いではなく、国に『こういうことはやってもらわないと困る』と正々堂々と言える組織にしよう」と呼びかける。

また、「機械業界や素材業界など金型以外の業界とリンクさせる仕組みづくりが必要」「例えば、金型でつくったものを3Dプリンタで補足して特別な商品に仕上げるといった複合的なアイデアや工夫も営業力の強化に繋がるだろう」などと述べ、これらについても会員と情報を共有・交換しながら、工業会として取り組んでいきたい考えを示した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。