商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.7.10(火)

神戸製鋼所
7月10日、藤沢に自動車用接合技術ショールーム開設

神戸製鋼所の技術開発本部自動車ソリューションセンターは7月10日、藤沢事業所(神奈川県藤沢市宮前100の1)内に、車体軽量化に寄与する接合技術の展示と実演、および顧客との対話促進によるイノベーション活動の活性化を目的として「自動車用接合技術ショールーム(写真)」をオープンした。

展示設備は、異種金属接合技術「エレメントアークスポット溶接法(EASW)」用ロボットシステム、スキャナ付きレーザ溶接システム、抵抗スポット溶接システム、大型摩擦撹拌接合(FSW)システム、各種接合技術の紹介パネルとサンプル、欧州製マルチマテリアル車体の分解調査実物。

藤沢事業所は、溶接材料で国内トップシェアを誇る溶接事業部門の研究開発拠点として57年の歴史を持ち、最も首都圏に近い事業所。自動車用接合技術ショールームをオープンしたことで、自動車メーカーや部品メーカー関係者が気軽に足を運ぶ環境を整えたとしている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。