商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.7.5(木)

シチズンファインデバイス
10日、自動測定の機構設計の簡素化が可能なデジタルゲージ「エア駆動タイプ」発売

シチズンファインデバイス(本社・山梨県南都留郡富士河口湖町、社長近藤隆造氏) は、 製造工程内の自動検査ラインで寸法を計測するデジタルゲージ(接触式変位センサ)の新製品として、機構設計の簡素化を可能にする「アブソリュート方式SAシリーズエア駆動タイプ」を7月10日に発売する。

デジタルゲージは、 測定物に測定子が触れたときのスピンドルの動き量を内部のセンサで読取り、 数値化する測定器で、 主に高精度の測定が必要な製造工程内の自動化ラインで用いられている。2015年発売以来、正確性と耐久性で好評のSAシリーズは、アブソリュート方式の採用で、ミスカウントしにくい、原点合わせが不要などの特徴を持つ。

新製品は、エア駆動を採用。現在の標準品は変化量を測るためのスピンドルが自然状態では押し出されて、計測する際、スピンドルを上下させるには、エアスライド等の機構を別途設置する必要があった。エアのON/OFFによりスピンドルを上下(エアON時に伸長)でき、エアスライド等が不要。従来品と比較して、コスト、設置スペースの削減になり、さらに自動化ラインでの高速測定も可能になった。

主な特徴は、エア駆動の採用により、機構設計が簡素化され設置スペースの削減が可能・ミスカウントをしにくいアブソリュート方式の採用により値飛びリスクを回避。

用途・実用例は、製造工程内の自動検査ライン(部品切削、研磨、切断、組立など)。電子部品業界、 自動車部品業界、ベアリング業界。

SA-S110PD(最小読取量0.1μm)、SA-S510PD(最小読取量0.5μm)の2モデル型式。

価格はSA-S510PDは78,000円、SA-S110PDは110,000円(税抜)。

主な仕様はこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。