商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.5.21(月)

三菱電機
米国に空調販売の合弁会社設立

三菱電機は、同社100出資の米子会社とアイルランドのインガソール・ランド社との折半出資で、ルームエアコン、パッケージエアコン、ビル用マルチエアコン等ダクトレス空調機を販売する合弁会社を5月16日付で設立、営業開始した。

米国の空調市場はダクトセントラル空調方式が90%以上を占めているが、近年は省エネ意識の高まりにより、ダクトレス空調機が年率 10%を超える成長をしており、今後も急速な拡大が見込まれている。
同社は、空調冷熱システム事業の売上高を20 年度には1兆円にする計画で、事業拡大に取り組む海外市場のなかでも米国は最重点地域の一つと位置づけている。

同社は米国ダクトレス空調市場を80年代から開拓し、シェアbPを維持。一方、インガソール・ランド社は米国を代表するダクトセントラル空調メーカーで、大手空調ブランドTraneとAmerican Standardを手掛ける。
同社は今回の合弁会社設立により、従来の販売網に加え、全米を網羅するインガソール・ランド社の広い販売網を活用することで競争力を向上させ、米国や中南米での事業拡大をめざす。

【新会社の概要】
▽名称=Mitsubishi Electric Trane HVAC US LLC
▽本社=ジョージア州スワニー市
▽社長 兼CEO=洞恵司郎(Mitsubishi Electric US, Inc. 取締役社長兼CEO)。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。