商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.5.21(月)

ダイキン工業
ベトナムで現地生産開始

ダイキン工業は5月18日、ベトナムで住宅用エアコンの現地生産を開始したと発表した。ハノイ近郊の第2タンロン工業団地に建設していた住宅用エアコンの新工場が竣工、このほど本格稼動した。組み立てから技術者の訓練や育成の機能も備えたベトナム初の本格的な空調機の生産工場で、敷地面積21万平方メートル、延床面積2万8000平方メートル。投資額は約80億円。20年までに100万台を生産できる体制を整える。

近年、アジアでは活発なインフラ投資や海外企業の進出等により経済成長が続いており、人口の増加や所得水準の向上に伴い空調市場も拡大している。とくにベトナムは著しい経済発展と中間層の増加から、住宅用エアコンを中心に空調機の需要が拡大、アジア最大級の空調市場に成長している。加えて、所得に比べて電気代が高く、インバータ付きエアコンのような省エネ製品が広まるなど今後も需要の拡大が続くことが見込まれることから、同社は現地生産に踏み切った。

新工場は、IoTを活用した生産管理技術や検査システム、技能訓練など、ダイキングループの全世界の工場から当社の技術やノウハウを集めた最新の空調機工場。当面は住宅用エアコンを製造し、「今後の市場の成長にあわせて生産品目を拡大する」としている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。