商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.5.7(月)

日刊工業新聞社
書籍『バルブの選定とトラブル対策―現場で起きた故障事例と対処法―』刊行

絵とき「バルブ」基礎のきそ、今日からモノ知りシリーズ「トコトンやさしいバルブの本」の日刊工業新聞社“バルブ技術”シリーズの最終を飾る3冊目の出版で、ユーザー側の立場に立ってのバルブの選定とトラブル事例その対策を掲載した書籍。配管、ポンプとの姉妹編にもなっている。

バルブのトラブル原因は種々あるが、その症状はいたって単純で「漏れ」と「作動不良」しかない。そのため症状から物言わぬバルブのトラブル要因を特定することはそう簡単ではない。ポンプなどの配管機器と同様にトラブルは技術的原因、人的原因・経済的原因が入り交じって起こるのが一般的で、その対策は現場ノウハウがものをいう。 

同書は、バルブの選定からトラブルを起こさないための現場対策、起こってしまったトラブルへの適切な対処法までを実際に発生した故障具体例をもとに紹介、バルブがどのような特性や短所を持つものか、保守保全の考え方や耐用年数の考察なども併せて紹介している。バルブユーザーが待ち望んだ一冊。

設備に一度トラブルが発生すると少なくとも万円単位以上の対策費と大変な労力とを要すが、選定・トラブル対策を満載したノウハウ(コツ)を安価で得られる。

目次
第1章バルブの基礎知識。
第2章バルブの選定方法。
第3章バルブ材料と腐食。
第4章 バルブのトラブル事例と対策(手動弁編)。
第5章 バルブのトラブル事例と対策(自動弁編)。
第6章 バルブの保守保全と耐用年数。
第7章トラブルを未然に防ぐためのワンポイントアドバイス(コツ。)

著者は小岩井隆氏。4月30日発行。新書判224頁(A5)、2592円(税込)。
<掲載例>

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。