商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.4.12(木)

平田タイル
4月9日、神戸事業所 落成披露

神戸事業所 全景
事務所(2階)
会議室(2階) 倉庫(1階)
平田タイル(大阪市西区、社長徳田祥恭氏)は、50年ぶりに新築していた神戸事業所(旧神戸支店)がこのほど落成。4月9日、仕入先・得意先および建設に携わった関係各社約120人を招き、建物を披露するとともに、ホテルオークラ神戸で祝賀会を開催した。

同社は大正8年に京都で創業。戦後、4つの会社に分かれ、このうち京都・大阪・神戸のタイル販売3会社が昭和27年に合併し、現在に至る。「神戸平田タイル」を前身とする旧神戸支店は同43年、高速神戸地区で竣工。タイル張りのモダンな建物が特徴で、長年、地域の情報発信基地・情報交換の場として親しまれていた。新事務所も同様に外装やロビーまわりの内装等に用いたタイルにはこだわりを見せ、平田雅利会長は「従来の文化を残せた」と笑顔で話した。

神戸事業所開設に伴い、旧支店に入居していたタイル建材商材等の販売および施工も行う「関西タイルエクステリア建材部 神戸タイル・エクステリア営業所」と、住設機器の販売および公共物件・大型物件等の施工も行う「住宅建材第2営業部 神戸住建営業所」の2部署が同所に移転、16日から営業開始する。カバーエリアは、神戸市、明石市、三木市、小野市、芦屋市など。1階の倉庫には、タイルのほか、セメント、目地、ボンドの骨材、給湯器、フローリング、設備商材などを在庫する。

祝賀会では徳田社長が、「来年迎える創業100周年に向け、『お客様に一番に選ばれる会社になる』の経営ビジョンのもと、ユニークな企業として国際都市・神戸の建築文化に貢献していく」とあいさつ。メーカーを代表し、ノーリツの國井総一郎社長、LIXILの玉置雅一常務、得意先を代表し、セライング・ソネの曽根宏昌社長がそれぞれ祝辞を述べた。

【神戸事業所の概要】
▽所在地=神戸市兵庫区芦原通4の2の1
●関西タイル・エクステリア建材部
神戸タイル・エクステリア営業所
TEL:078-686-0962/FAX:078-686-0965
●住宅建材第二営業部
神戸住建営業所
TEL:078-686-0960/FAX:078-686-0963
▽敷地面積=760平方メートル
▽延床面積=700平方メートル
▽構造=鉄骨2階建て
こだわりのタイル
事務所入り口のガラスタイルはイタリア製 外壁と柱
エントランス トイレの床 駐車場
祝賀会
挨拶する徳田社長 挨拶する平田会長
ノーリツ 國井社長 LIXIL 玉置常務 セライング・ソネ 曽根社長

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。