商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.4.11(水)

イシグロ
長崎県佐世保市の第一鋼管を買収

第一鋼管代表取締役 石原徹氏
配管機材専門商社のイシグロ(東京都中央区八丁堀、社長石黒克司氏)は、第一鋼管(長崎県佐世保市、社長渡邊照氏)を4月3日付でグループ会社化した。

第一鋼管は、昭和33年に設立された60年近い業歴を誇る配管資材・建築資材の販売会社で、平成16年1月に積水ヒノマルが100%親会社となり、積水化学製品の販売に強みを持つ。社員数は取締役営業部長の福島誠司氏と社員4名の5名。イシグロは積水ヒノマルから全株を譲り受けた。今年度の年商は約3.5億円の見込で、長崎県北部を営業基盤とし、地場給排水設備会社向けの販売に強みを持っている他、米軍や自衛隊関係にも納入実績がある。

第一鋼管の代表取締役に、イシグロ・執行役員西日本営業本部長の石原徹氏が兼務で就任、イシグロ・九州ブロック長の辻弘光氏が取締役を兼務。現取締役営業部長の福島氏は留任、監査役にイシグロ・常務取締役管理本部長の山路敏文氏が兼務で就任する。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。