商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.3.19(月)

日本バルブ工業会
バルブフォト五七五コンテスト受賞者決定

最優秀作品賞「花七輪」 小野寺正信
広報委員長賞「公園オアシス」 ぴろし
優秀作品賞「生活を守るバルブ達」 K_sayama
優秀作品賞「里のシンボル」 バッタさん
優秀作品賞「蛇口の神様」 曽根祥之
日本バルブ工業会(東京都港区、会長中村善典氏)は、「バルブは生活、産業を支える重要機器であり、一般の認識を高めたい」として3月21日の「バルブの日」にあわせて「バルブフォト五七五コンテスト」を実施し、このほど最優秀作品賞をはじめ、各賞を決定した。

作品は、バルブが社会生活の中でどのように役立っているか、写真と川柳で表現するもの。今回の第7回コンテストは昨年10月から今年1月末まで作品を募って実施した。今回は応募者数198名、応募作品433点と、前回(191名・387作品)を上回り、過去最多を記録した。

各賞は次のとおり(敬称略)
◇最優秀作品賞(賞金10万円)
▽作品名「花七輪」
川柳「花バルブ ひねればどんな 夢でるの」
作者・小野寺正信(千葉県)

◇広報委員長賞(賞金3万円)
▽「公園オアシス」
川柳「炎天下 命をつなぐ ひとしずく」
作者・ぴろし(埼玉県)

◇優秀作品賞(賞金3万円)
▽作品名「生活を守るバルブ達」
川柳「酷寒の 荒波受けて 守りつつ」
作者・K_sayama(福島県)
▽作品名「里のシンボル」
川柳「山里の 地蔵も守る 消火栓」
作者・バッタさん(新潟県)
▽作品名「蛇口の神様」
川柳「蛇口にも 宿る神あり 注連飾り」
作者・曽根祥之(東京都)

◇入選(賞金1万円)
▽作品名「バルブの初夢」
川柳「634(むさし)まで 水を届ける 夢を見た」
作者・山木星(東京都)            
▽作品名「春を待つ」
川柳「ワラグロを 見守るバルブ 春近し」
作者・中川雄喜(愛媛県)
▽作品名「繋がる世界」
川柳「星空に バルブも人も 夢を見る」
作者・SA(神奈川県)
▽作品名「疎水の水門」
川柳「曽木の滝 水門開き 疎水引く」
作者・山田宏作(鹿児島県)
▽作品名「スノーマシン」
川柳「冬晴や スノーマシンも 息白し」
作者・佐川隆博(長野県)
▽作品名「威風あり」
川柳「広大な 田を潤した 歴史あり」
作者・雪本信彰(高知県)
▽作品名「興味津々」
川柳「バルブみる 瞳の奥の 好奇心」
作者・YUKI(兵庫県)
▽作品名「港の守護神」
川柳「きょうもまた  夕空仰ぐ 首寒し」
作者・じゅんいち(大阪府)
▽作品名「夕暮れオアシス」
川柳「ヤシの木を 見上げて一人 水守る」
作者・木村悠帆(東京都)
▽作品名「光る街にもバルブ有り」
川柳「光る街 裏で働く バルブ有り」
作者・今玉利修司(東京都)。
入選「バルブの初夢」 山木星 入選「春を待つ」 中川雄喜
入選「繋がる世界」 SA 入選「疎水の水門」 山田宏作
入選「スノーマシン」 佐川隆博 入選「威風あり」 雪本信彰
入選「興味津々」 YUKI 入選「港の守護神」 じゅんいち
入選「夕暮れオアシス」 木村悠帆 入選「光る街にもバルブ有り」 今玉利修司

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。