商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.3.2(金)

リードエグジビションジャパン
「スマートエネルギーWeek 2018」開催。エネルギー問題などの課題に対し最新技術・新製品など紹介

太陽光発電システム施工展受付
国際二次電池展受付
火力発電EXPO受付
世界最大級の創エネ・蓄エネ技術を網羅した総合展「スマートエネルギーWeek 2018」(リードエグジビションジャパン主催)が2月28〜3月2日の3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催している。

同展は8つの新エネルギーの複合展で、スマートエネルギーに関わる多様な製品・技術・サービスを紹介し、新たなビジネス機会を創出し来場者の課題解決、製品導入・商談の場を提供するのが狙い。今回は8展合計で1580社が出展したほか、セミナーも開催され、3日間で7万名の来場を見込んでいる。

日栄インテック(東2ホール、小間番号・E11-8)は「太陽光発電システム施工展」 。
アンレット(西1ホール、小間番号・W5-29)は「国際二次電池展(A会場)」。
キッツ(西3ホール、小間番号・W22-39)は「国際二次電池展(B会場)」。
荏原製作所(東7ホール、小間番号・E55-22)は「火力発電EXPO」。
荏原商事(東1ホール、小間番号・E 1-22)は「スマートグリッドEXPO」などのメーカーが最新技術・新製品など紹介している。
日栄インテック アンレット
キッツ キッツ 液化水素用真空ジャケット付グローブバルブ(開発中)
キッツ 長坂工場内水素ステーションを紹介 キッツ 高圧水素ガスメカニカル継手(開発中)
荏原製作所 荏原商事
<パンフレット>
荏原製作所 コンバインドサイクル発電所向けシステムと給水ポンプはこちら
荏原製作所 大型火力発電所向けボイラー給水ポンプはこちら
荏原商事 クラウド遠隔監視システムはこちら
荏原商事 小型水力発電ポンプはこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。