商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.2.27(火)

パーパス
エコジョーズの新基軸「AXiS(アクシス)」登場。機能進化・デザイン刷新

Made in FUJISAN ロゴ
AXiS
パーパス(静岡県富士市)は、機能を高め、デザインを刷新したエコジョーズの新シリーズ「HARMONY SERIES AXiS(ハーモニーシリーズアクシス)」から第1弾として2月23日、給湯暖房用熱源機2機種を市場投入した。24 号フルオートタイプが41万7000円(税抜)、24 号オートタイプが同37万5000円。

新シリーズは、同社エコジョーズの新たな基軸と位置付けており、今後もラインナップを拡充していく。4月には20号タイプ2機種を発売予定。

独自技術をより進化させた新高温水分配方式を採用し、〈最小給湯能力0.1号〉〈最低作動流量毎分1.9g〉〈約2秒での出湯〉といった3つの機能を実現。節湯タイプの水栓や、外気で温まった夏場の水でも安定して湯を供給でき、洗顔や皿洗いでニーズの高い32℃の低温度出湯も安定供給が可能という。また、暖房使用時はあらかじめ高温水が循環しているため、約2秒という短時間で湯を作れる。

また、建物の壁面との調和を保つラウンドフォルム、独創的な形状の排気口、落ち着きのあるクールグレーを塗装色に採用するなどデザインを刷新。さらに、本体の奥行を従来品より10_b薄型化し、重量を2`c軽量化。これにより、今まで以上に設置場所を広げた。

塩害対策塗装は標準仕様。ECHONET Liteに対応しており、HEMSコントローラー「光BOX+(EMS版)」と接続すれば、外出先からスマートフォンなどでふろ自動運転の開始や床暖房のオン/オフなどの操作が可能となる。

同社は、「Made in 富士山」のスローガンのもと、全製品を静岡県の富士および富士宮工場で国内生産し、品質向上に取り組んでいる。今回の新製品は「富士山の日(2月23日)」に合わせて同日から販売開始した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。