商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.2.16(金)

東京都機械工具商業協同組合
14日、教養セミナー開催

協育の社長井田智佐子氏
東京都機械工具商業協同組合(理事長小池達夫氏)は2月14日、東京・三田の機械工具会館で教養セミナーを開催、約40名が聴講した。

協育の社長井田智佐子氏の司会で開会、小林哲也総務教育広報委員長が「我々の近しい国々の東アジアの事で、丁度今オリンピックや北朝鮮問題などありますので、おもしろいお話をお伺いできると思います。1時間30分のセミナーを楽しんで頂きたい」と挨拶。

東京都には51万人(全国250万人)の外国の方が住んでいる。中国人19・6万人、韓国人9万人、フィリピン・ベトナム人3・1万人で、アジアの人達が80%を占めている。職場や日常生活の中にも外国の方がいて、

人口減少の日本は、労働力不足から益々外国の方々が増える傾向にある。

そのような中、東洋史学者の宮脇淳子さんによる『アジアの人たちとわれわれはどうつき合うべきか』というテーマで講演が行われた。

講演後に、ベトナムに事業所を構える方から質問が出るなど、これからは東アジアとの関係なくして経済活動はできない事を実感、各国の民族の特徴を充分理解して活動する重要性を学んだ。
小林哲也総務教育広報委員長 小林哲也総務教育広報委員長が挨拶
東洋史学者の宮脇淳子さん 東洋史学者の宮脇淳子さんが講演

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。