商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.2.9(金)

アサダ
名古屋市工業技術グランプリ受賞

アサダ(本社:名古屋市北区上飯田西町3-60、社長:浅田吉氏、TEL:052-911-7165)の製造・販売する10インチのバンドソー「バンドソービーバー10」が、名古屋市及び(公財)名古屋産業振興公社が共催する「平成29年度名古屋市工業技術グランプリ」において名古屋市工業技術研究所長賞を受賞した。同社の受賞は平成22年度のフロン回収再生装置エコサイクルオーロラが理事長賞を受賞して以来2度目。

バンドソービーバー10はアジアなどの新興国向けに開発。これまで大口径の配管を溶接する際には、配管を直角に切断作業が欠かせず、アジアなどの新興国では砥石切断機による切断が主に行われてきたが、軽くて運びやすい反面、火花が飛ぶ、直角に切断できない、作業の安全性に問題があるなど様々な問題点があった。また価格も高価で新興国での普及の妨げとなっていた。

これらの問題を解決し開発されたのがバンドソービーバー10。

10インチ(φ270mm)の配管を安全に、誰でも連続して直角切断が可能で(この結果、現場での溶接不良防止にもつながっている)、且つ普及しやすい価格と軽量化に成功。

同製品は16年8月から海外で販売を開始、これまでアジアで売り上げを伸ばしてきたが、昨年9月からは日本市場にも導入され注目を集めてきた。

バンドソービーバー10は10インチクラスで56kgと業界最小・最軽量のコンパクト設計ながらφ270mmの配管の直角切断が可能で、その他の特長として
@油圧ダンバー搭載:フレームの落下速度を無段階に調整加工。荷重調節も切断面積に適した調整が可能で、安定切断を実現。所定角度でフレーム固定ができ、ケガキ箇所との位置合わせが楽
A斜断調整:切断面が斜めになった場合の調整機構付
B簡単クランプ:早送りができる協力クランプ機構
C過負荷保護装置付き:モータを焼損から守る過負荷保護装置を搭載
Dアジャスタ搭載:高さ調整と安定した切断作業が可能。

バンドソービーバー10 カタログはこちら
名古屋市工業技術グランプリ受賞 ニュースリリースはこちら

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。