商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.2.6(火)

リンナイ
浴乾のヒートショック対策を強化。湯はりと浴室暖房が自動連動

浴乾モデルチェンジ
リンナイ(愛知県名古屋市)は、冬場のヒートショック対策に役立つ温水式浴室暖房乾燥機をモデルチェンジし、4月1 日に発売する。浴槽への湯はりと浴室暖房の自動連動機能の搭載や、暖房急速コースの能力向上を図った。

温水式浴室暖房乾燥機はパワフルな温水の力で浴室をすばやく暖めることができることが特長で、新商品の「RBHM-C339シリーズ」、「RBH-C338シリーズ」は、浴室の温度が15℃以下になると脱衣室リモコンに「低温」サインが点灯する機能を持たせた。

また、給湯暖房用熱源機の台所リモコンとも連動。自動湯はりのボタンを押すと、入浴前に浴室を暖めておく浴室暖房の使用を促す表示、または、浴室暖房機能を「自動」に設定しておくことにより、浴室が15℃以下のときだけ浴室暖房が自動で運転を開始する。

さらに、すばやく浴室を暖める暖房急速コースの能力を、従来の3・5kWから3・9kWに向上させた。

このほか、浴室の湿度が高くなると脱衣室リモコンに「多湿」サインを点灯、逆に湿度が低くなると自動で換気運転を停止する機能も搭載。

RBH-C338シリーズのフロントパネルは、従来品の45mmから14mmに薄型化し、スタイリッシュになった。

希望小売価格(税別)は、スプラッシュミスト機能付のRBHM-C339シリーズが19万9000円〜、RBH-C338シリーズが9万3000円〜。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。