商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.2.3(土)

三菱電機
センサー連動で上下左右に風向調整。パッケージエアコン「スリムZRシリーズ」5月中旬から順次発売

スリムZR(室内ユニット)
三菱電機は、新開発の左右風向ルーバーを搭載し、センサーに連動して風向きを上下左右に調整することにより快適性を向上させた店舗・事務所用パッケージエアコン「スリムZRシリーズ」430機種を5月中旬から順次発売する。希望小売価格は、80万1000円〜283万7000円。

新製品は、従来の上下方向に加えて、吹出口毎に左右広角90度に吹き分け、全周囲360度の気流制御を実現した。

また、輻射温度センサー「人感ムーブアイ 360」と連動して気流制御し、従来送風できなかったコーナー部(斜め方向)にも主流の気流を送ることで温度ムラを解消する。

また、下吹きのまま左右方向へ風を向けて風あたり感を軽減する運転や、コーナー部にも風を送る運転も可能。

独自の高密度集中巻き「ポキポキモータ」をスクロール型では初めて採用した新開発の高効率圧縮機により、P112形でAPF(通年エネルギー消費効率)7.1を達成し、省エネ性は業界トップ。

また、ワイヤードリモコンにBluetoothを搭載し、専用アプリを介してスマートフォンに各種データの取り込みが可能。パッケージエアコンを複数台設置する場合、ワイヤードリモコンのスケジュールタイマーなどの初期設定情報を別のリモコンにコピーでき、設定の手間を大幅に削減した。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。