商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.1.29(月)

中部超鋼会
1月26日、新春賀詞交歓会 開催

冷間圧造工具メーカーなどの団体・中部超鋼会(理事長松本優造氏)は1月26日、名古屋市内のホテルで平成30年度新春賀詞交歓会を開催、新年を寿ぐとともに情報懇談を行った。

最初に松本理事長が「北朝核、ミサイル開発など地政学的な問題はあるが景況はおおむね好調に推移。我々業界も良い環境が続いている。ただ企業のデータ改ざんなどモノづくりの根幹に係る問題も出た。企業間の競争、時間、人手不足などからだろうが、信頼を失う大きな問題。

今年の全体の景況は、AI、IoT、EV車等のキーワードに引っ張られ好調を持続するとみるが、反面、人手不足、原材料の高騰などにより売り上げは増えるも利益が減る傾向もみられる。良い時に次の波に備えた行動も必要。

中部超鋼会では、今年は積極的な会員勧誘活動を行い、会をさらに強固に発展させてゆきたい」とあいさつ、今井護氏(中部ダイス)の乾杯の音頭で懇親を深めた。

また今後の行事として3月23日にアマダ土岐事業所の見学、5月中旬の総会スケジュールなども発表された。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。