商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2018.1.26(金)

LIXIL
インドの衛生陶器メーカーを買収

LIXIL(東京都千代田区)は1月25日、成長著しいインド市場およびグローバル全体におけるサプライチェーンを強化し、衛生陶器の生産体制を拡充するため、総額約6500万米ドル(約71.5億円)の投資を行う予定で、その一環として、同国衛生陶器メーカーのセンティニ・サニタリーウェアズ・プライベート・リミテッド社の買収を完了したと発表した。

セ社は、近年インド南東部のアンドラ・プラデシュ州に工場を建設。LIXILは今後、同工場でGROHEおよびAmerican Standardを含むマルチブランドの製品を生産する予定。現時点での生産能力は年間100万台で、近い将来、同200万台体制に整備する。

新工場は面積約18・2万平方メートルで、18年後半までに第1次設備増強を完了させる。さらに、従業員向けトレーニングの実施により人材育成を行うとともに、生産体制の効率化に向けて自動化技術の導入も進める。

また、同社はインド政府が推進する「メイク・イン・インディア」政策に賛同し、同工場で約400人の従業員を雇用する。

なお、今回の買収に伴い、セ社は「LIXILインディア・サニタリーウェアズ・プライベート・リミテッド」に社名変更する。

同社は「ダイナミックに成長を続けるインドは、当社にとって戦略的に優先度の高い市場」と位置付けており、現在同国でのシェアは15〜20%。LIXILインディアの責任者Shubhajit Sen氏は、「向こう3年間で業界をリードするポジションを確立する」と意欲を示す。また、インドだけでなく米国など他市場への輸出も可能になることから、瀬戸欣哉社長は「グローバル全体での生産能力強化にもつながる」とコメントしている。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。