商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2018.1.12(金)

TOTO
パブリック向け強化。瞬間式ウォシュレットなど 2月1日同時発売

新コンセプト「パブリックレストルームアイテムズ」(イメージ)
「アプリコットP」とウォシュレット管理清掃用リモコン
コンパクト多機能トイレパック
TOTO(福岡県北九州市)は、パブリックトイレ商材を強化する。新コンセプト「パブリックレストルームアイテムズ」のもと、より多くの空間に調和し、より多くの人に使いやすいパブリックトイレを実現できる商品群を展開していく。第一弾として2月1日、瞬間式ウォシュレット「アプリコットP」のほか、バリアフリー化を促進する製品、一新した洗面関連商品などを同時発売する。

パブリック専用モデルとして開発した「アプリコットP」(税抜11万4000円〜)は、不特定多数の利用に配慮し、湯切れがなく連続使用できるのが特長。また、ノズルの出し・戻しや、温度設定など複数のウォシュレットの設定・操作が可能なリモコン(同6000円)も同時発売する。

また、器具をコンパクトにすることにより、使い勝手はそのままに、寸法上の制約がある改修現場や小規模施設トイレにもバリアフリー化を容易にする「コンパクト多機能トイレパック」(同90万1650円〜)、「コンパクトオストメイトパック」(同49万6450円〜)をラインナップ。コンパクト多機能トイレパックには、乳幼児連れ対応セットも用紙した。

洗面関連では、「ツインデッキカウンター」(同20万3800円〜)は、ボウル内の着水面を下げて水はね防止を向上させたほか、ボウル形状変更により清掃性も向上。さらに、ボウル一体タイプ・陶器タイプに加え、より広い荷物置きスペースをとったスペースアップタイプを新たに追加した。

また、壁に掛けて設置する「壁掛ハイバック洗面器」(同12万7850円〜)は、デザインの統一感やレイアウトのしやすいさを高めるため、自動水栓・水石けん供給栓・小型電気温水器などを一新し、大小2サイズを品揃え。壁掛設置またはライニング設置が選択できる。
コンパクトオストメイトパック ツインデッキカウンター(スペースアップ)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。