商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2017.10.2(月)

日立金属
1日、配管機器事業再編。日立バルブ、簡易吸収分割。開発・営業機能強化

日立金属(社長平木明敏氏)は10月1日、完全子会社の日立バルブの営業・開発部門を簡易吸収分割により継承、日立バルブを日立金属ファインテックに吸収合併、配管機器事業を再編した。

今回の事業再編により、配管機器事業の全製品で製造は日立金属桑名工場または日立金属ファインテックが、営業および開発は日立金属が行う体制が整い、経営資源の集約と意思決定のスピードアップとともに開発・製造・営業の各機能を強化し顧客ニーズへの対応力向上を図る。

さらに、日立金属の材料技術、多様な事業分野への製品提案力や海外拠点などを活用した安全・安心な配管システムの提案による付加価値創出とグローバルな自供展開を加速し、持続的成長を目指す。

▽継承会社
日立金属
配管機器統括部長田沼敏幸氏、〒108-8224、東京都港区港南1の2の70 品川シーズンテラス。

▽存続会社
日立金属ファインテック取締役社長徳永浩樹氏、〒511-8511、三重県桑名市大福2。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。