商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2017.9.27(水)

ニュースダイジェスト社
MECT2017開催間近。9月26日報道向け説明会開催

10月18日から21日までの4日間、名古屋市港区のポートメッセなごやでメカトロテックジャパン2017が開催される。同展を主催するニュースダイジェスト社(樋口八郎社長)と共催の愛知県機械工具商業協同組合(伊藤高潤理事長)は9月26日、名古屋市内で報道向け説明会を開催した。

今回の開催規模は、リーマンショック前の2007年展に次ぐ1933小間で、前回展の1915小間を上回り、今年国内で開催される工作機械見本市として最大規模。出展者数は457社・団体でうち16.8%の77社が初出展となった。会場内では376台の工作機械、各種装置が展示される予定。また1年以内に発表された新製品1190点が展示される予定で、このうち651点が今展で初披露されるもの。近年注目されているIoT関連製品、AM加工など金属3Dプリンティング技術や自動車関連向けの新製品の出展が見込まれている。海外からは23カ国・地域を参加する。

毎回、世界最先端の技術での実演加工に挑戦する主催者コンセプトゾーンでは、新市場として期待される「宇宙」にスポットをあて、宇宙ベンチャーの取り組み紹介や最新の人工衛星に向けた部品加工など、宇宙市場で必要とされる加工技術を会場内で披露する。さらにセミナーでは、トヨタ自動車、マツダ、ボーイングなどがモノづくりの今後について講演する。

また、今回の来場者向けに見どころを紹介するウェブサイト「MECT NAVI」(https://mect-japan.com/2017/navi/)が新設された。会場の様子を動画配信するほか、会場内ニュース「Show Daily」と連動して最新ニュースを配信する。来場者同士で情報共有できるようTwitterなどのSNSも活用していく。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。