商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2017.9.25(月)

東日製作所
最新カタログ「東日トルク機器総合製品案内2017.09」発行
無料送付受付開始・ダウンロード開始、最新価格・最新製品情報を掲載、商社営業マン・資材/調達部必見

東日製作所(東京都大田区大森北2の2の12、社長辻修氏)は最新カタログ「東日トルク機器総合製品案内2017.09」を無料配布の受付とPDFダウンロード、電子カタログの閲覧を9月21日に開始した。

東日トルク機器総合製品案内2017.09版は、同社の主なトルク機器を網羅した最新の価格表付カタログ。今回のカタログ改定は以下の通り。

@品質向上に役立つ新製品を掲載。いままで対応が困難だった小型の有線式MSトルクレンチ用の無線発信機T―FHPを掲載。規定トルクで締めた証拠をナットに残す「単能形スパナ交換ヘッド式マーキングトルクレンチMCSPシリーズ」では、六角穴付きボルト(キャップスクリュー)用の特殊交換ヘッドを掲載。
A大阪/名古屋にコースを追加した「東日トルク講習会」の最新スケジュールと申込書を掲載。延べ受講者は2600社/7000名を越え、「東日トルク講習会」は2018年/末までのスケジュールと申込書も掲載。好評により大阪と名古屋でも「トルクドライバの修理/校正コース」を定期開催する
B最新の「締付け保証システム体系図」を掲載。導入後2年半で約150万本締めて締め忘れゼロの事例もある、締付けの信頼性を高めるトルク機器を纏めた最新の「締付け保証システム体系図」を掲載した。

PDFでは多くの製品画像や仕様表などに東日Webサイトの対応する製品ページへのリンクが貼ってあり、クリックすると簡単に東日Webサイトの詳細情報が閲覧できる。(PDFはAcrobat7.x以降で閲覧可能)。好評の電子カタログはスマートフォンにも対応、PDF同様に東日Webへのリンクも貼ってありワンタッチで詳細情報が閲覧できる。

総頁数84頁、カラー印刷。
入手方法は無料送付。東日WebサイトからPDFのダウンロードや電子カタログの閲覧ができる。郵送の申込みは東日Webサイトの【ダウンロードサービス】から必要事項を記入の上送信ください。
FAXは送付先を明記の上、03-3761-3852に送信ください。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。