商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2017.9.21(木)

積水化学工業
10月2日、小水力発電用管路の曲管新発売

従来品「同質曲管」
新製品「FTR-3D)」
積水化学工業(社長下貞二氏)の環境・ライフラインカンパニー(プレジデント久保肇氏は小水力発電の水圧管路用途にエネルギー利用効率の向上が可能なFRPM用曲管「FTR-3D」を10月2日に発売する。

小水力発電施設の水圧管路は直管と曲管で構成される。高いエネルギー利用効率を得るためには、曲管部分での流速の維持がポイントで、@曲管の内面に屈曲部がないスムーズ形状であることA曲率半径がなるべく大きな緩やかな曲がり形状であることが曲管に求められる。

新製品は同社独自の成形方法による、屈曲部の無い緩やかでスムーズな曲がり形状により、エネルギー利用効率の高い水圧管路を構築できる。

「FTR-3D」の受注拡大を含め、2019年度に「エスロンRCP」製品の売上50億円を目指す。
「FTR-3D」の特長
■エネルギー利用効率が高い。
(完全なスムーズベンド形状、かつ、曲率半径は常に管内径の3倍以上)
■施工性が優れる。(コンクリートによる防護は不要)※
※スラスト防護コンクリートが必要な場合を除く。(外圧へん平による破損防止目的のコンクリート防護は不要)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。